FC2ブログ
my color is...
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
後悔
時が経ち、感情を持たずに冷静に振り返る事がようやく出来るようになり…

あの頃は、感情のエネルギーの強さに、自分自身が振り回されすぎて、後悔の言葉に支配されている時期もあったけれど…

今は…
後悔はないとは言い切れないし、人を信じる事に臆病になったりと、心を不安定にさせる要因の一つにはなってしまったけれど…
それでも、私の中では、0に限りなく近く後悔はない。

考えの幅が広がったりと、良い影響も沢山残していただけたし…
自分自身でも知らなかった私を知るコトが出来た。
ずっと知ってあげるコトの出来なかった私の存在に気付いてあげられた。
気付いてもらえたコトで、その私が安心して、心のあったかい部分が増えた。

全ての物事が相対的であるとしたら、幸せをひっくり返した向こう側には不幸が存在していて…笑顔の向こう側には哀しみの涙が存在している。

完璧なんて存在しない。
自分にとって、良いと思える事も悪いと思う事も起こるのが人生。
どちらも大切な出来事。

私が経験した過去達も皆、大切な出来事。
「ご主人様」と口にしていた私の過去は、とても大切で…私の一部になった。

私は、永遠という言葉を自分の道の先に見た事はないけれど…
先に何が待っているとしても、後悔だけが大きな傷として残っていなければ、少し色が変わっても、そこに道は在るから。

大丈夫。
だいじょうぶ。

幸せも不幸も大切なコト。










スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
痛みは愛と似たカタチ
お日様の光を浴びると、どんなに体が弱っていても元気が出てくる。
自然の力は偉大だわ。
ポカポカと温かくて、心まで温めてくれるよう。
心の元気がない時ほど、ちょっぴりの勇気を出して、外に出るべきね。
自然の力は、心の回復や成長の為の力となってくれる。
それを感じられる心の状態であるかどうかも大切だけれど…

もう振り返る事もないと思っていたけれど…
過去の私の言葉達を少し読み返してみた。
今の私には、とても恥ずかしい言葉やとても偉そうな言葉に感じた。

浮かんでくる言葉は沢山あるけれど…

あの頃の私にとって、「痛み」は「愛」に似たカタチで。
だから、求めたし安心できた。
でも今は。
痛いのは…嫌かな。
恐怖も感じる…
Mとか何とか…というお話ではなくて…
痛みを与えられなくても、安心できるようになったのかな。
そういう事ではないのかな…

ただ優しく温かく抱き締められている感覚が一番安心できるし愛を感じる。

あ…でも。
昨日ベッドの上で、覆い被さるように抱き締められている時に、腕が私の髪の毛の上にあって頭を動かせない感覚に、胸がキュンとしている自分が居て、懐かしいモノを思い出していた…。

「拘束」に似た感覚は好きみたい。















温もり
このタイミングで書くなんて敗者のようだわ…

もう、あの人も見る事はないと思うし、誰かに届けたいのではないと自覚しているのだけれど…

人間誰しも、心の片隅に「寂しさ」というカケラを持っているのだと思う。
どんなに沢山の人々に囲まれている人でも。
だから、「温もり」を温度としてではなく、心で感じられるのだと。

私の心の中のその部分が働いて、誰かに繋がりたいという思いが在ったとして…その思いがこういった行動を起こさせているのかな。(変な意味ではなく…)

人間をやり遂げても、人間を全て理解するなんて無理だわ。
せめて、自分自身の理解は出来たら良いのだけど…







意味に辿り着きたい…

どんよりお空の下、今日も元気にお過ごしですか?

ずっと戻って来れずにおりました。
...戻って来なくても良いのかもしれないけれど…
あれから、色んなコトがありすぎて…
頂いたmailにも、何処から何を書いて良いのか
今の私の頭では整理がつかないのです…
ほんとに申し訳ありません…。

私と似た悩みを抱え、此処へ来てくださっていた方にも
言葉をお掛け出来ずに、申し訳ありませんでした…。
その後、少しでもあなた様の心が軽くなっている事を願っております。

客観的になれたつもりが、見えていないのです…
おとうさんと出逢ってから
私は、あの世界に対して否定的な感じになっていた様で…
...確かに思うトコロはあったのですが。

自分の存在理由を他人の中に見つけて、そこに安心を求める。
自分という芯が脆い私の場合。
そう。私自身の問題。
しっかりとした芯をお持ちの方でしたら、私のようにはならないのだと思います。

色んなコトの意味に辿り着きたくて…
主従関係のコト
Mな心と身体のコト
縄のコト
...
でも、もう無理なのかな…
心の奥底に沈めて、蓋をして、頑丈な鍵を掛けて…
抑え込んで生きていくしかないのかもしれません…

Sの方は...
それを解放させなくても
何の支障もなく生きていけるものなのですか…?
Mの方でも、解放させなくても何ともない方もいるのかな…
度合いの問題?

自分にとって、何だったのだろう…という思いだけが
頭の中をぐるぐる…

苦しめば良いのでしょうね…
その苦しみが、あそこから生まれたモノなのだし
苦しいコトは好きなはずだから…





支配する為に
またblogの書き方、忘れちゃった…汗
やっぱり。
お父さんの処で毎日欠かさずに書けていたのは
お父さんへの想いだったり…の力のおかげだったのでしょうね。
もう、美心のお部屋のようには書けないとは思うけど
自分の心の内を目に見えるカタチにして表わすことは
大切なことだと感じているし
此処で、これからも細々と綴っていこうと想います。

最近は、本を読むことに夢中になっている私です。
テレビでドラマを観ることも好きなのですが
映像として、創り上げられた決められたカタチを観ることよりも
文字だけの世界から、その人物や光景を
自分の頭の中に創り出したりと
想像力が、すごく刺激されるので
そこから何か良い影響を受けたいという気持ちもあるのです。
その分、適度にしておかないと
疲れて、頭痛が酷くなってしまいますが…泣

本を読んでいて、常に考えているのは
様々な行為に及ぶ、その人の心理。
そこには、哀しみや苦しみ、憎しみ等、様々な感情が在り
それが、ある行為へと姿を変える。

人の心について、色々と考えを巡らせます。
全てが相対的であるとするならば
複雑に見える人の心も
単純が含まれている。
その人の、そのツボのような点を見つけることが出来れば
操作することが出来る。

支配…

ある本に

大きな“恐怖”さえ与えれば、人を支配することは出来る

と書かれていたのです。
それもあるでしょう。
私は、少しの“好意”さえ持たせることが出来れば
人を支配することが出来るのだと
ふと思いました。
それにプラス、目力があれば、なお良いでしょう笑

そんなことを考えながら
ふと、頭に浮かんだもの。
それを、恋愛感情のようなものだったのかは分からないけれど
私は、あの人のことを好きだったんだ…って。
だから、あんなに怒りを感じたりしたのかな。
だから、あんなに哀しかったのかな。
好きじゃなかったら、言うこと聞いたりしないよね。

もう終わったこと。
もう交わることのない人。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。