FC2ブログ
my color is...
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
順序*

親愛なるS女性様に助言していただき
自分の偏った考え方に気付きました。
いつもいつも助けていただき、ありがとうございます(uωu*)

自分では、そうなのではないかって
そこを辿れば、謎が解けるんじゃないかって。
自分の被虐的嗜好と過去の被虐的体験を
結び付けて考えようとしておりました。
そしてさらに、そこに主従関係の経験を追加して
主とか奴隷とか・・・
ぐちゃぐちゃに絡めてしまい
もう訳が分からない状態になってしまったのでしょうね。

それらの関係性があるのか、ないのかと言ったら
やっぱり、あるように思ってしまうのだけれど。
今は、そこではなくて
自分の中の、そういう自分を知るということが大切で
だから、惹かれてしまう関係にも
今は足を踏み入れてはいけなくて・・・。
それらの整理整頓をすることが必要。

そして、そのまた前に。
過去を忘れることは出来ないけれど
凝り固まってしまった考えを、一度、切り離して
まっさらな状態にして
澄んだ心になって
その心が何を感じるのかを知ることが必要。

その日に向けて。
心穏やかに。
素直な心を取り戻して。
初心に戻って。
・・・初心って、どこのことだろ?
知らない頃かな・・・。うん。
緊張して待つ。
・・・どきどき。

感じ取れたら
その心が教えてくれる。
その先・・・って、何処にあるのか。

心の奥にある扉を開きます・・・。









スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
抑えつけられる感覚*

今朝になっても
お熱が下がらないままで
動き回っていると貧血をすぐに起こして
目の前が真っ暗になってきて
危ない倒れるwって
その場にしゃがみ込んで
何度か、やり過ごしているのだけど。

さっきも、貧血を起こして
ちょうどベッドの横に居たから
そのままベッドにうつぶせの状態で倒れ込んでみたら
頭の中は、脳の血が減ってく、ぐわんぐわんした気持ち悪さでいっぱいなのに。
頭を上から抑えつけられている力を感じて
それが・・・何だか、気持ち良いの笑
抑えつけられる感覚が好きな私には堪らない。
脳に血が戻ってくるまで
しばらく、その感覚に酔いしれちゃった。
貧血も悪くない笑

身体に力を感じたい。
抑えつけられたり
どんっ・・・ってされるやつ・・・
痛みを感じるくらいのがいい。
欲しいよ。欲しいよ。

may I...










泣き声*

どこかの調教の様な場面が書かれた
文章を読んでいたら
願望が叶って、羨ましいほどの場面のはずなのに
胸がきゅーっと痛くなって、泪が溢れてきました・・・。
自分の気持ちじゃなくて
そこに居る彼女の苦しみとか哀しみを
すごくすごく感じたのです。
・・・自分に重ね合わせている部分もあったのかもしれません。

喘ぎ声って
違うんだね・・・。
それは、その声を聞いた相手の男性が
きゅんとする類のものとは違う・・・。

泣き声。

それも、子供の。
そんな声を聞いてもらえるひとなんて
そうそう居ないものよね。
そんなひとに巡り逢えたら
とても幸せなこと。

私も、あの時。
そんな声をあげていた・・・。
泣き叫んでいるような大きな声。
自分でも驚くほどの声。
泪をぼろぼろ流しながら・・・
そこから、放たれていくものがあるのでしょうね。



もう私は、自分には向き合えないのかもしれません・・・。
怖くなってきちゃったし。
ひとと繋がって
裏切られたりするのも・・・
もう嫌・・・。
これ以上、傷付きたくないの。
臆病な私に戻っちゃったよ・・・
向かう先*
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
ありがとう*

昨日のあれ。
素通りされちゃうかと思ってた笑
一緒に考えてくださって、ありがとう。
さすがのお言葉ありがとうございます。
気付かせてくれて、ありがとう。
もう少し、自分の中で整理してから
お返事書かせてください。

頭に浮かんだことを言葉にしてみて
何気なく書いたこと・・・
それが、自分の素直な気持ちだったりするのよね。
私が、ここに文字として、自分の気持ちを表しているのは
心の中を、目に見えるものに変えて再確認し
整理をする為の行為なのです。
だから、ほぼ独り言。
そんな私に、温かな言葉を掛けてくださり
とても幸せに感じます。
ありがとう。


戻りたいと想ったのは・・・
前主様の元へという意味ではなく
その場所へ・・・という意味。

どこかのblogで読んだ
隷属するに相応しいという意味。
きっと従者としての心得等そういう面では、まだまだ。
そういう事ではなくて・・・
たぶん私は、そうなることが好きな質。
そこに近付くような感覚に陥る時
胸の奥が、きゅんとして、どうしようもなくなるの。
すごく切ないような・・・
でも感じるには、悪くない感覚。
初恋の先生を見つめている時のような。


少し脱線。
私の初恋は、スイミングスクールの先生。(大学生だった)
代表選手として、大会に出場する為
練習では、とても厳しく接していた。
練習が終わると、とても優しく接してくれた。
頭を撫でてくれた。
柔軟体操は、うつ伏せに寝た私の上に先生が跨ってして
どきどきしていた。
次に好きになったのは、担任の先生。
忘れ物をした私のおしりを、長い物差しで叩いた。
言葉では言い表せられないような不思議な感覚。
今でも、あの時の光景が忘れられない。
好きだと意識したのは、その後からだった。
ふと思い出した。


彼との事。
色んなことが絡み付いて
前に行きたい気持ちを抑えつけたり
迷ったり・・・
流されちゃいけないっていう気持ちが大きくて。
ちゃんと考えなくちゃって。
ぐるぐる・・・していたのだけど。

どうしようもなく、きゅんとしてしまうの。
その瞬間、彼は私の横に並んでは居なくて
私の上に居る・・・。
そういう事なのかな。

体験してみることが大切だって学んだから。
ぐるぐる・・・考えているだけでもいけない。
彼と逢って、お話して
まだ知らない・・・
彼のSの色と責めを知ってみたい・・・。
感じるの。
私の被虐の大きさと彼の加虐の大きさが
並んでいるのを・・・。
疑問*

M女さんのblogは
やっぱりM女さんが読むものなのかな。
ここには
ご主人様をされていらっしゃる男性
奴隷を探しておられる男性も
お越しいただいているようなのですが。

それよりも圧倒的に、M女さんが多い。
それも、奴隷さんをしていらっしゃる方ばかり。
ブログランキングに参加しているせいも
あるのかもしれないけれど。
でも毎日たぶん・・・欠かさずに
覗いてくださっている方が何人もいらっしゃいます。
ありがとうございます。
(足跡調べ(*・ω・*)v)

奴隷さんをされていらっしゃる方のblogを読ませていただくと
ご主人様との関係に不安を感じて
悩んでおられる方は、よくお見掛けするのですが。
私のように、その前段階の
自分がMであること・被虐願望があること等について
悩んでいらっしゃる方は、見当たらず・・・。

皆様、そんなことは既にクリアしているという事なのでしょうか。
それとも、そんなことは考えたりしないものなのかな。
自分はMであるのだから
その性癖を満たしてくれるSのご主人様と繋がっている。
シンプルに、それだけなのかな。

恋愛を絡めているようなご関係の方々がほとんどのようなのですが
それは、身体の関係が無くても、心で繋がっていられるものなの?
彼氏じゃなくて、ご主人様という役割にする理由って何?
私の頭は、彼氏=ご主人様という考え方が分からないのです。
Sの性癖の彼氏をご主人様と呼んでいるだけ?
でも・・・
恋愛関係だから、いつか別れがくるかもって不安に揺れるのよね・・・。

頭の中がごちゃごちゃしてて・・・
?が沢山、浮かんだままで・・・
そういう色々なことが分からないまま
その世界に戻ることは出来ないの・・・。

自分が澪という奴隷だった頃のblogを少し読み返してみたら
あの頃は、とても幸せで愉しかったなぁって・・・
そして、とても深いことを学んでいたと
懐かしい気持ちになりました。
戻りたいって想った・・・。

でも、もう初めてのことじゃないから。
知ってしまった後だから。
だから悩むのよね・・・。

でも、身体だけの繋がりだと感じるものは要らない。
ただ支配されて、虐められて・・・っていうのでは
きっと続かない。
それって、どこで判断すれば良いのだろう・・・。

どなたか教えてください*゜☆







ぐるぐる渦の中*

いっぱい考えてる。
頭が悪いと言われても
頭が悪いなりに
一生懸命、考えてる。
常に一生懸命な自分で在りたいと想うから。
投げ出したくなってきても
諦めないで、答えを見つけようとしている。

ぐるぐる・・・ぐるぐる・・・

でも・・・
考えるべき処がずれているのかもしれない。

自分の思考回路ではない処。
これは、過去の経験を元に
自分のカタチにして情報を取り込んで
自分自身で創りあげたもの。

そこから抜け出た考えの流れを創らなければ
ぐるぐると回り続ける渦の中からは抜け出せない。

複雑に絡み合った余計なもの達を取り去り
シンプルに、すっきりとさせて。

誰かに、引っ張り上げて助けてもらいたいけれど
それでは、その後に繋がらない。
それは、楽をしているだけだ。
自分自身で考えなくては意味がない。
きっと、そういう事ね。

その為には・・・
新しいスパイスが必要な気がするの。
今までには得られなかった何か。
今までとは違うもの。
何でしょね・・・。







中心線*

自分の人生というものを進んで行く為に
いつだって、中心線は自分の中心を
頭の先から、足の先まで
真っ直ぐに貫いていて
上から、その太い糸を引っ張られているように
ぴんと姿勢良く前を向いて
力強く足を前に踏み出し続けたい・・・。

その糸が、細くて弱い・・・。
すぐに、ぶれてしまう・・・。
中心線が、自分の中心から外れ
他の誰かを貫く。

誰かの為に、身を削る。
時には、そういうことも必要だ。

だけれど。
ぶれたままではいけない。
自分というものを見失う。
今は、そういう状態に近いのだと思う。

だからこそ今は。
誰かの為に・・・という想いを横に置いて
自分の中心に、しっかりと中心線を置いて
自分の為に・・・
どうなのかということを考えなくてはならない。


誰かの為に、何かに一生懸命になれることは
とても素敵なことだと思うし
そうなれるひとで在りたい。
でもその根底では
中心線がぶれていないことが大切。

主従関係とか。主と奴隷とか。
間違っているとは思わないし
ぶれていない上でのことなら
とても気持ちの良い関係だと思う。

誰かの為にすることが自分の為になる。
理解出来る。

きっと、もっと。
そこには深いものがある。
私の中心線をしっかりと捕まえておくことが
出来るようになったら・・・
やっぱりまだ、そこに眠るタカラモノを見て
知りたいと思ってしまう・・・。

でも。
少し見えてきたこと。
関係性や、カタチに拘り過ぎていると
大切な何かを見落とす。
何かのカタチになろうとする必要もないのかもしれない・・・。
役割分担がなくても
「信」が在れば
身を任せることは出来るのかもしれない・・・。
選択の基準*

やんわりといきたいけれど
毒が出てきてしまうことが考えられますw
流してください。
受け止めてはいけません。
右から左へw
もしくは
左から右へw
嫌な思いに少しでもなってしまった方は
もう二度と、ここは覗かないでください。
議論する場ではありません。
もう、お話する意味はありません。
意味のないことに注ぐ力はありません。
無駄なことは、しない質です。
これは私が感じたままのこと。
あなたがどうとか、そんなの知りません。
ここは、私の心の中よ。


SMや主従関係に関連した他の方のblogを読ませていただいて
ある方のblogで違和感を覚えた。
そのカタチは様々で
私が知っているものとは、かけ離れたものも多くある。
自分では、理解出来ないカタチもある。
例えば、恋愛関係の上に成り立っている主従関係等・・・汗
なので、その方の想いも、そういうもののひとつなのだろう。

その方は、あるM女さんを隷属するに相応しいと感じたらしい。
そして、自分の奴隷にしたいと想ったらしい。
主様サイドが、誰かに対して奴隷にしたいと想う・・・
私の中では、有り得ない考え。
主従関係というものは
奴隷の方から、主様になっていただきたいと想った方へ
私を奴隷にしてくださいとお願いして
それを主様となり得る方が、受け容れて成立するカタチだと思っている。
だからの違和感。

これらの考え方は、私の中での唯一の主様だった前主様の影響です。
誰かを否定するものでもありません。
何が正しい・間違ってるなんてないでしょ?
ふたりだけのカタチでしょ?

ただ。
奴隷になりたいM女さんに、最初の選択権はあるのだと思う。
だって。
自分の全てを捧げる相手よ?
Sだったら誰でも良いというわけじゃない。
そのひとのことをよく見て、よぉく考えます。
このひとは、自分の主様に相応しいひとなのか・・・。


主様を選ぶ基準。
私の場合。

自信を持っている方。
いちいち、前主様のことをお話に出してくるような方は
きっとご自身に、自信がないのだと感じます。
ある意味の嫉妬。
主様たるものが、嫉妬等してはいけません 笑
前彼とは違います。
彼女のつもりもありません。
主様として、しっかりと奴隷の全てを受け容れる覚悟のある方は
奴隷の過去の主様との経験も受け容れられるはず。
自信を持っている方は、背筋がぴんとして
その姿から、この方なら自分のことをお任せ出来ると安心するものです。

センスのある方。
お洋服等のお洒落も含め、言動にセンスのある方。
一緒に歩いていて、自慢したくなるような
雰囲気の演出が出来る能力。
女性の扱い方。
これには、前主様が奴隷に必要なものとして教えてくださったように
主様サイドも、想像力に長けていることが必要。
想像力のある方は、女性に心地良い接し方が自然に出来ます。

一番は・・・
男女の関係なので。
身体の相性。
志向の一致。
これは、体験してみないと分からない。
どんなに、その言葉から学びを得られようとも
そこで、違うと感じたらアウト。

なので。
主様に一度もお逢いしたことが無い状態。
メール・チャット・スカイプ調教というもの。
不思議な世界に感じてしまいます。
ある意味、凄いなって思います。
「信」という点に於いても・・・。
私は、そのひとの目・温もりや匂い・雰囲気etc.
同じ空間で、それらを感じ、確かめ
そこでやっと、自分と合うのかどうか
信じられるのかどうか判断出来ます。

そこにもセンスが必要ですね。
女性が、どういう状態なのか。
ポイントを見極める能力。
それが無いと、一方通行です・・・

あんなに性器に痛みを覚えたのは
20代前半の若かりし頃w
セックスを覚えたての彼が興奮しすぎてしまった時以来w
その後、一週間程、痛みは消えず・・・
膣の中って、常に潤ってはいるものなのですよ。
でも、濡れているというものはまた違うものですw
濡れやすい私が、濡れないなんてことは
初めてのことだったのかもしれません・・・。
センスの無い方は、そんなことにも気付かないのですよ(´・ω・`)
怖くて、感じてるフリしちゃったひとにも問題有りますが。
何度、逃げ出そうと思ったことかw

中には、私のようなM女さんも居るのかもしれない・・・。
Sの力を向けられると
感じてしまう身体と心の裏側に
恐怖が湧いてくる・・・
抵抗できなくなる。
嫌でも、嫌と言えない。
無理して、相手の望むものに応えようとしてしまう。
それを勘違いして、責めるひと・・・
後、心に傷が出来てしまう・・・。

初めて会った日に
唾液を飲ませたり
精液を飲ませたり
おしっこ掛けたり
そういうのも理解出来ません・・・。
そういうことは、お互いに理解し合い
絆を感じることが出来るようになってからすることだと思っております。
そうでもないひとのものを口にするなんて・・・
気持ち悪いし汚い・・・
嫌だ・・・
我慢するしかなかった・・・
気持ち悪くて吐きそうなのを
心を無にして、やり過ごした・・・
何度も、お口をゆすいで
ごしごし身体を洗った。
それでも
自分の身体と心が汚れてしまった感覚は消えなかった・・・
忘れたい過去となった・・・

これが
あの日、私が感じた全てです。

嫌なものは嫌なの・・・。
生理的に受け付けないものってあるの。

二度と、あの日のことなんて語りたくない。
願望*

麻縄で縛られたい。
麻縄の匂いをくんくんしながら
しゅるしゅる・・・きゅっきゅっていう音
肌を撫でる縄の感触
荒くなる息遣い
身体を締め付けていく苦しさ
その後にやって来る
頭の中のふわふわ
お酒にほろ酔いしている時みたいな
心地良い感覚
身体の奥の方から熱くなってきて
きゅんとして
切なさに似た・・・心がきゅってなる感覚
身体がピクンとなる感覚

・・・他のことを書こうと思っていたのに。

他のこと。

苦しさを感じたい。
お口の中に何かを詰め込まれたり塞がれたり
首を締められたり

痛みを感じたい。
肌が赤くなるくらい叩かれたい
鞭で打たれたい
髪を鷲掴みにされたい
噛まれたい

一番は・・・
力を感じたい。
抑圧されたい
頭を抑えつけられたい
壁に押しつけられたい
上から抑えつけられたい
踏みつけられたい
後ろから強引にされたい
犯されたい
泣いても止めないでほしい
敵わないことを思い知らされたい
されるがままに、されたい
乱暴に扱われたい

ぼろぼろに、されたい・・・。
ぐちゃぐちゃに、されたい・・・。
考えをまとめてみる*

言葉が見つかりません
のその後・・・

どうしたら良いのか分かりません。

ほんと私なんて・・・
そんなに想ってもらえるほどの
価値などない人間だと思うのに・・・。

彼が私に優し過ぎるほどの優しさをくれるのは
私が優しいからだって・・・
申し訳ない気持ちが大きくなっていくのです。
私の優しさなんて
独りぼっちになりたくないとか・・・
そういう類の心の弱さの
歪んだ姿だと思っているから・・・。

彼や他の主様という役になり得るひと達と
今までと変わらずに、SM行為を続けていくことは
きっと違うんだという考えに
自分の中で辿り着いて・・・

それは、お父さんの言葉から学んだことでもあって。

分からないことだらけなの。
Sの部分を見せられると
私のMの部分が反応して
気持ち良くなって・・・
おかしくなって・・・
子供が泣き叫ぶような大きな声を出しながら・・・
快楽の渦に飲み込まれ・・・
頭が真っ白になって・・・
行為が終わった後は、すっきりした気持ちになる。
でも、その繰り返しで良いのかなって
疑問符が頭の中に浮かんだの。

そのMの部分じゃなくて
そのMに繋がったものに
私の中の私に
しっかりと目を向けてあげないといけないの。
私は、私のことを知らない・・・。
きっと知ってからじゃないと
それは、私にとって
とても危険な行為になり得る・・・。
壊れかけているものに力を加えて
どんどん崩していく行為・・・
そんな感覚。

精神的な繋がり。
葛藤がある・・・。
彼は、他のひとと違うと思える。
彼のことは好きだし。
だけれど。
それは、ただの甘えのようにも思えるし。
また同じことの繰り返しのようにも思える。

もう、何が何だか分からなくなっているの。
答えが出せないの。

でも、自分のことは自分で決める。
ひとつ決めたこと。
今までのことは、記憶の中から消えることはないけれど
一旦、心の中から追い出して
無に近い状態になって
何も知らない子供のようになって
お父さんに逢いに行って
お仕置きを受けたい。

答なんか何処にもなくて
どうしようもないなら
自分がどうしたいかだけ
考えてあげる癖をつけるんよ。

誰かの為ではなく
自分の為に
今は、自分のことだけを考えてあげたいの・・・
わがままだと言われても
今は、そうする必要があるのだと思うから。


私が、人を見る時。
一番に、その人の目の奥の色を見るの。
私も、そこは濁らせたくないの・・・。
色んなものを加え過ぎて
濁らせてしまった心のお水を取り換えて
綺麗な澄んだお水に戻してあげないと
いつまでも苦しいままなの・・・。










抱くということ*

男性は幾つになっても
ママが大好きな男の子。
そうだと思っているの。

小さい頃
ママにぎゅってされるの大好きだったでしょ?
ママもぎゅってするのが大好きなんだよ。

昔、ある人に聞いたことがあるの。
誰かを抱き締めることは
自分が抱き締められているのと同じ効果があるんだって。

ママに抱っこされた赤ちゃんは
きっと安心感でいっぱいで
とても心地が良いのでしょうね。
赤ちゃんを抱っこしたママも
とても幸せで温かいものに包まれているようで
きっと赤ちゃんと同じ気持ち。

誰かのことを
男性とは違う柔らかいこの場所で抱く時。
そこに顔をうずめる彼をぎゅってしながら
鼻先に触れる彼の髪の匂いをくんくんしている時。
とても大きな安心に包まれる。

男性のそれとは違い
女性の場合、そこに母性というものが存在するのだと思う。
だから、抱き締めたいと強く思う。

抱き締めたい・・・
そんな言葉に弱い。


だけれども。
誰かにではなく
自分で
大切に大切に
自分のことを抱き締めてあげることも必要なのね・・・










学び*

言葉で聞き
頭で考えるよりも
身体に刺激を与えられ
感じる方が
心と脳に入ってきやすい。

頭では、知ることまでに止め
考えてはいけない。
考えても考えても
求める答えは得られない。

感覚を研ぎ澄まし
快楽の渦に身を任せてみる。
快楽に焦点を当てるのではなく
快楽の奥にあるものを感じ取る。

目に見えないものを
心の目を凝らして見る。









おにいさん*

夏のある日の夕方。
初めて行く駅で待ち合わせ。

おにいさんには
おうちから、パンツをはかずに来るように言われていた。
でも、そんなこと恥ずかしくて出来なかった。
駅のおトイレで、はいてきたパンツを脱いで
小さくたたんで、バッグの奥にしまった。

おにいさんの車の助手席に座ると
すぐに、スカートを捲られ
パンツをはいていない事を確認された。

今、脱いだんでしょ?
何で約束守れなかったの?

どきっとしながら
恥ずかしかったから・・・
ひとつしかない理由を口にする。

お仕置き。
服を全部脱ぎなさい。

えっ・・・?
おにいさんの言っていることがすぐに理解できない。

そこで、裸になるんだよ。

やだ・・・
そんなの・・・
恥ずかしい・・・
顔が真っ赤になって
頭の中は、真っ白になってきている。

じゃあ、ここで降りて帰る?

・・・やだ

膝の上で、ぎゅっと抱えていたバッグを
ひょいっと取り上げられ、後部座席に置かれた。

運転しているおにいさんの顔を見る。
虐めることを愉しんでいる横顔。
するべき事は決まっている。
しないという選択肢は、そこにはない。

ゆっくりと、上からお洋服を脱いでいく。
なるべく肌が見えないように
脱いだお洋服で隠しながら・・・
上は、ブラ一枚に。下は、脱いだスカートで覆って隠したまま
そのまま動けなくなった。

その様子を見たおにいさんが
脱いだお洋服を取り上げ、後部座席に置いた。
あそこが丸見えになるのが嫌で
両脚を座席の上に乗せ、小さく丸まる様な格好になる。

ブラも外して、裸になるんだよ。

お外は、だいぶ日が暮れてきたけれど
まだ、車の中はよく見えるだろう。

思い切って、ブラを外して手で、おっぱいを隠した。

良く出来たね。
おにいさんが、頭を撫でてくれた。
それが、すごく嬉しかった。
恥ずかしさで、心臓がばくばく言っている。

ほら。
トラックの運転手さんが今、見てたよ。
愉しそうに言うおにいさん。

窓の外を見ると
たまたま、赤信号で隣りに止まったトラックのおにいさんと目があった。
慌てて目を逸らし、身体を丸める。

だめだよ。
美心の身体をみんなに見せてあげないと。

おにいさんに、おっぱいを揉まれ、乳首を摘ままれると
自然に隠していた手は広がり
そのまま隠すことなく、身を委ねた。
それを確認したおにいさんの手が、おまんこに伸びる。

すごく濡れてるよ?
いつもこんなに濡らしてるの?

恥ずかしさで、声が出ない。
俯いたまま首を横に振る。

そのままクリトリスを弄られ
気持ち良さに身体を仰け反らせ
座席の上に乗せた両脚は、大きく開き
もう隠すことも忘れてしまっていた。
全身の火照りを感じ
クリトリスへの刺激に頭の中が支配されてしまっていた。

ここが何処かなんて
もうどうでも良いことだった・・・。

21歳。
彼氏が、二ヶ月のホームステイで
アメリカに行ってしまっていた夏の出来事。





居場所探し*

ごめんね。
何て説明したら良いのか分からないの・・・

そのままの説明をしたら
前主様や他の男性と同じ様に
並べて捉えられるのだと思う・・・
私にとっては、そうではないのに。

私自身のことなのに
分かりもせずして
他のひとに捉え違いをされたり
否定をされる言葉を浴びせられたくないの。

今の私は
横並びに分類できるひと達の
「もの」として収まることを求めてはいないの。
その位置に属することは
役割分担がきっちりとされた居心地の良い場所。
その感覚は、よく知っている。

だけれど。
そこに居ることを、他の何かの代わりにしていないか
しっかりと考えなくてはいけないの。

それは、横並びに分類できるひと達とでは出来ない。

その位置に属していなくても
私の中のMに対して、Sの力をぶつけられると
私のMの部分がそうさせるのか
そのSの力に従ってしまう・・・。
自分のことは横に置き
全てに従ううちに、自分が消えていく・・・。
それではいけないの。

そうならずに楽しめるようになれるのかも、まだ分からない。
まずは。
その前段階に戻って
しっかりと自分自身に向き合いたいの。
そこに行くのかどうかは
その段階をしっかりと達成出来たら
見えてくるのだと思う。

前主様とのことがあって良かったって思う。
少しだけ、垣間見れた世界。
だからこそ、そんな自分に気付けた。
違いにも気付けた。
何も知らないままだったら
自分のことも知らないまま
人生が終わっていたのかもしれない。

寄り掛かることなく
本当に心から楽しく幸せに想える居心地の良い場所。
そこに辿り着きたい。

だから今は。
私は私だけのもので居たいの。









お人形さん*

お人形さんは、楽なんだって。
何も考えなくても良いから。

でも。
お人形さんになったことのない私には
自分の感情というものを無にして
じっとしているのは
とても大変なものに思えるのです。

人って、色々な感情に振り回されている。
それは、とても複雑に絡み合っている。
その糸が、自分でも解けないくらいに絡み合ってしまうと
自分の感情がどこに向いているのか見失う。

渦巻く感情の種類が多すぎて
どれが本当の答えなのか
自分の心なのに・・・
分からない・・・。

一度、お人形さんになってみて
感情を無にして
心を空っぽにしてみたら
見えてくるのかな。
その答え。
ずっとずっと探している答え・・・。









恐怖心と快楽の狭間*

過去の様々な出来事を思い出してみた。

恐怖心と快楽。
それは紙一重。

恐怖を感じる心を少し緩めて
ベクトルをほんの少しだけずらす。

そこに、恐怖心を土台にした快楽が出来上がる。

スリル:楽しみとして味わえる恐怖感や緊張感、不安感

どきどきを感じることが必要不可欠。

私が心地良く感じる快楽は・・・
恐怖を感じた過去の出来事が元になっている気がする。
不思議。
そこには、歪んだものがあるような気がする・・・。
今の最大の謎・・・*

主様をされておられる方が
それを読んでいるであろう沢山の女性に向けて
おっしゃっていたこと。

クリトリスも膣も単なるスイッチに過ぎず
逝くことを演出するのは脳であり
鍛えれば、スイッチに頼らなくても逝くことが出来る。
それ以外のもので逝くことも出来る。
あなたはまだ本当の気持ち良さを知らない。

私も、それを知らずにいた。
前主様に、手に触れただけで逝った子が居たことを聞いた時も
まさかwと思っていた。
それが、気付いたら
前主様のメールを読んだだけで
ハグされただけで
逝ってしまうようになっていた。

私は、本当の気持ち良さを知ってしまったということ?

それからは、性器に対する刺激以外でも
簡単に逝ってしまうようになってしまった。

脳が鍛えられたの?

でも。
脳だけじゃない気がするの。
いつだって、心というものが付いてくる。
じゃあ。
心が、そういう流れを作れるようになったということ?

それは
なぜ今?という場面でも起こる。
自分が、何に反応して、そうなっているのか
さっぱり分からない・・・。

また。
そういう状態の身体のままで
この先、居ても良いのか・・・
もっとコントロール出来るようになる等
必要なのか・・・。

それが今
私の中での最大の謎です。
知りたい答えは、どこに・・・









繋がり*




関係性のある繋がり。
揺るぎない安定した関係が
どこかに存在するのかと思っていた。
完璧ではない人間という生き物が創り出すものだ。
そんなものは存在しない。

人と人との繋がり。
その間には、「心」がある。
揺るぎない安定した関係に近付けたければ
そこに、「信じる」という心が必要となる。
でも。
相手のことを信じようと強く想うだけでは難しい。
「信」とは、一度言明したことを押し通す人間の行為を表している。
相手のひと、そのもの。

余計なものを削ぎ落としたシンプルな関係。
そこにも、「信」が必要。
様々な方のblogを拝見してみても
揺るぎない関係なんて、ひとつもなかった。
皆、揺らいでいるように感じた。
自分には経験がないのだけれど
そこに恋愛感情が加わるものが多く見られる。
恋人同士だったら、尚更だ。


ひとに裏切られた経験があると臆病になる。
「信じる」ということに対して。
人間の創り出す繋がりなんて
皆、不確かなもの。
血の繋がりでさえ
例外ではないことを、よく知っている。

その裏切られた経験による心のダメージが大きいほど
ひととの繋がりを重く受け止め
繋がりたいという想いも強くなるように感じる。
繋がりを大切にしたいという想い。
その裏側では、怖くてびくびくしている。
また裏切られるのではないかと・・・。
その裏側の想いだけに焦点を当てれば
もう誰とも関係性のある繋がりは築きたくないと
真逆の答えが出てくる。

それでも繋がっていたいと想うのが人というもの。
だけれど
ちょっぴり疲れちゃった・・・














依存*

十人十色。
色んなひとがこの世を生きている。
其々が、其々の考えの元
きっと自分にとっての正しい方向を目指して歩いている。

それは、そのひとの
生い立ちだったり
環境だったり
様々な要素が加わって出来上がったもの。
他のひとが知る由もない土台。

ひとつの名前で分類されるものがあるとする。
でも、その捉え方は皆違う。
また、どれが正解ということもないのだと思う。
自分で正解だと思って
信念貫いてしている事だとしたら
それは、そのひとにとっての正しいこととなる。
他のひとが、それを間違っているとか・・・
とやかく言うことではない。
皆、違う人間。
そういう考えもあるのだと思えば良いだけのこと。

だけれど・・・
ひとつだけ。
それは違うと思うこと。

人は皆、自分の人生を歩んでいる。
それは、他の誰かに代わってもらうことなんて出来ない。
自分の足をしっかりと地に着けて歩かなくてはならない。
哀しい時・辛い時・苦しい時
時折、近しい人に寄り掛かることも大切なこと。
ひとを頼るということ。

でも。
それが常時であってはならないと思う。
その誰かが居ないと前に進めないようではいけない。
自分一人で、しっかりと立たなければ。
その誰かを、添え木にしてはならない。

何かの関係性を持って、人と関わる時。
それが出来ていないと、バランスが崩れる。

支配されていても、自分は自分。
自立したひとが、良い関係を築けるのだと思う。

自分の中に強い芯を持つことが必要。




壊れた心*

壊れてるのかどうかって言ったら
私も壊れてる・・・。

被虐的な願望。
ただの欲として
そのままのカタチとして
捉えるのは間違っていることなのかもしれない。

その裏にあるもの。
そのカタチに変える前のもの。
それに気付いてあげなくちゃいけないのかもしれない。

それは
ずっとずっと前から・・・
きっと子供の頃から在ったもの。
そう。
あの時から・・・。

答えは・・・
そこに書いたはずなのに
はっきりと見えないの。
考えて考えて・・・
頭でっかちになりすぎて
ちょっぴり疲れてるの。
だからだと思う・・・。

自分にとって
正しいと思えること。
見えてきているの。
今まで感じなかった
少しの違和感。
言葉に表して説明できないのだけど
止まらない涙。
何かを感じている心。
私・・・分かってるんだ・・・。
・・・そういうものを大切にしていたい。

ひとつは。
誰かの為に、自分を犠牲にするのはもうやめる。
自分のことを、ちゃんと大切にして
自分の為に生きなくちゃ。
これは私の命なんだ。

このままじゃ
自分にとっての負のスパイラルから
いつまで経っても抜け出せない。

少し勇気を出してみようかな。

その前に
考えすぎて、頭痛が治まらない身体を
少しだけ休ませてあげよう。
勇気という一歩踏み出す力を出せるように。
お休みしながら準備します。

おやすみなさい*゜☆
答え*

自覚して
自分自身で、認められたこと。

いやらしい自分。
変態的な自分。

そして
ずっとずっと
そんな自分じゃだめだって
これ以上いやらしくならないようにって
セーブしていたものの
鍵を外した・・・。

認めるだけじゃ終われない。
その先にあるものを
しっかりと見ないと・・・。

でも・・・
これで良いのかな。

私の本当の気持ち。
私の答え。

少し気付いてきているの。
目を逸らして、見ないようにしているもの・・・。
でも叶いそうにない夢。
そう簡単に忘れることなんて出来ないと思うけど
そうするべきなのかな。

本当の自由って
どういうものなのかな。

答えは
自分の心の中にあるって知ってて
そこにある答案用紙に
もう書いているくせに。

私って・・・
ただの臆病者だわ。
臆病者に効くお薬は、どこに売っているのかしら。


あの時。
私は、最初から
奴隷になりたいって思ったんじゃない・・・
そこに惹かれたんじゃないの。
麻縄で縛られた女性の美しさに惹かれたの。

でも叶わぬ夢なら
忘れるよりないよね・・・
心を整理出来ないまま
ずっと、そこに留まったまま。
このままじゃ、だめだわ。
分かっているのに・・・。









タカラモノ*



先日のブルームーン*゜☆
大切な人達が幸せで居られますようにとお願いしました(uωu*)



永遠とか・・・
完璧とか・・・
100%のもの。

それらは
「カタチ」として
ハッキリと目に見えなかったりして
その存在を確かめることが出来るのは
信じるとか・・・
そういう「心」というもの。
・・・それも目に見えない。

人って
目に見えないものに、振り回されている。
でも、それらはとても大切なもの。
目に見えるものだけで
全てを判断することは、とても世界の狭い行為。
心の目が必要。

100%じゃないから
ハッキリと目で見て確認出来ないから
大切に想えたり
愛おしく想えたり。

良いこと悪いことは
いつだって背中合わせで存在していて
その両方がないと、バランスが崩れてしまう。
どちらも必要なもの。
楽しい
嬉しい
幸せ
だけじゃ、成り立たない。
悲しい
辛い
不幸せ
これらが重要。

全てのことには限りがある。
人に死という終わりがある時点で
永遠もないのか・・・。
捉え方を変えれば
それは存在するものに変えられるのだけれど。

「限り」も大切な要素。
その限りある期間の中
どれだけのタカラモノを手にすることが出来るか。
その数にも、限りがある。
だから、考え選択しなくてはならない。
何が自分に必要なのか。
何を自分が求めているのか。

自分の欲しいもの全てを完璧に手に入れることは出来ない。
心の目で、しっかりと見て
自分にとって何が一番大切なことなのか
しっかりと見極め
焦点を合わせないと
見失ってしまう。
欲張りはやめた方が良い。
一番のタカラモノだけ手に入れば良い・・・。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。