FC2ブログ
my color is...
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
静かに

そーっと...。

また、ゆっくりのんびりと色ぉんな私のコトを此処に綴って
頭の中・心の中を整理出来たら...と思います。
ただの独り言です。

久し振りすぎて、この画面を開くのに、とても時間が掛かってしまいました...
もうすぐお出掛けする時間なのでメモ程度に。

感じたコト。
あの時の感覚とは違うみたい。
何か場違いな感じ...

心と身体...この世で起こる様々なコトは、皆どこかで繋がっている。
そのひとつひとつは、単独の点でしかないけれど、自分の中で繋いで線のカタチにしたい。
意味に辿り着きたい…

どんよりお空の下、今日も元気にお過ごしですか?

ずっと戻って来れずにおりました。
...戻って来なくても良いのかもしれないけれど…
あれから、色んなコトがありすぎて…
頂いたmailにも、何処から何を書いて良いのか
今の私の頭では整理がつかないのです…
ほんとに申し訳ありません…。

私と似た悩みを抱え、此処へ来てくださっていた方にも
言葉をお掛け出来ずに、申し訳ありませんでした…。
その後、少しでもあなた様の心が軽くなっている事を願っております。

客観的になれたつもりが、見えていないのです…
おとうさんと出逢ってから
私は、あの世界に対して否定的な感じになっていた様で…
...確かに思うトコロはあったのですが。

自分の存在理由を他人の中に見つけて、そこに安心を求める。
自分という芯が脆い私の場合。
そう。私自身の問題。
しっかりとした芯をお持ちの方でしたら、私のようにはならないのだと思います。

色んなコトの意味に辿り着きたくて…
主従関係のコト
Mな心と身体のコト
縄のコト
...
でも、もう無理なのかな…
心の奥底に沈めて、蓋をして、頑丈な鍵を掛けて…
抑え込んで生きていくしかないのかもしれません…

Sの方は...
それを解放させなくても
何の支障もなく生きていけるものなのですか…?
Mの方でも、解放させなくても何ともない方もいるのかな…
度合いの問題?

自分にとって、何だったのだろう…という思いだけが
頭の中をぐるぐる…

苦しめば良いのでしょうね…
その苦しみが、あそこから生まれたモノなのだし
苦しいコトは好きなはずだから…





支配する為に
またblogの書き方、忘れちゃった…汗
やっぱり。
お父さんの処で毎日欠かさずに書けていたのは
お父さんへの想いだったり…の力のおかげだったのでしょうね。
もう、美心のお部屋のようには書けないとは思うけど
自分の心の内を目に見えるカタチにして表わすことは
大切なことだと感じているし
此処で、これからも細々と綴っていこうと想います。

最近は、本を読むことに夢中になっている私です。
テレビでドラマを観ることも好きなのですが
映像として、創り上げられた決められたカタチを観ることよりも
文字だけの世界から、その人物や光景を
自分の頭の中に創り出したりと
想像力が、すごく刺激されるので
そこから何か良い影響を受けたいという気持ちもあるのです。
その分、適度にしておかないと
疲れて、頭痛が酷くなってしまいますが…泣

本を読んでいて、常に考えているのは
様々な行為に及ぶ、その人の心理。
そこには、哀しみや苦しみ、憎しみ等、様々な感情が在り
それが、ある行為へと姿を変える。

人の心について、色々と考えを巡らせます。
全てが相対的であるとするならば
複雑に見える人の心も
単純が含まれている。
その人の、そのツボのような点を見つけることが出来れば
操作することが出来る。

支配…

ある本に

大きな“恐怖”さえ与えれば、人を支配することは出来る

と書かれていたのです。
それもあるでしょう。
私は、少しの“好意”さえ持たせることが出来れば
人を支配することが出来るのだと
ふと思いました。
それにプラス、目力があれば、なお良いでしょう笑

そんなことを考えながら
ふと、頭に浮かんだもの。
それを、恋愛感情のようなものだったのかは分からないけれど
私は、あの人のことを好きだったんだ…って。
だから、あんなに怒りを感じたりしたのかな。
だから、あんなに哀しかったのかな。
好きじゃなかったら、言うこと聞いたりしないよね。

もう終わったこと。
もう交わることのない人。



きゅんきゅんする事
自分の心が、どんな事にどんな反応を示すのか…
客観的に見る事が楽しい今日この頃。

子供の頃から今の今まで
周りの決め付けた自分のイメージというものがあって
それに気付くと
その自分を崩してしまわないように…
脱線してしまわないように…
それらに縛られてしまっている自分が居たの。

簡単に言えば、“おりこうさん”
自分の役を100%完璧に出来る子
…そんな訳ないでしょ。

例えば。
お料理は、全て手作り。
冷凍食品やレトルト食品、スーパーのお惣菜、コンビニのお弁当なんて
食べたこと無いでしょ?
…無い訳ないのに。

周りに勝手に決め付けられたイメージ。
それらを壊す行為をした時に
心がきゅんきゅんすることに気付いたの。

最初は、恥ずかしいような気がしたの。
だって、周りが、えっ?!っていう目で見るから。
でも、そこを越えると、きゅんきゅんに変わるの。

でも考えてみたら、それは
周りに決め付けられたイメージの自分を壊して
本当の自分を見せているだけなのよね。

自由を感じるの。
私は、私で居て良いんだって。
だから、きゅんきゅんするのかな。
本当の自分を出せる行為に、きゅんきゅんするって事…?

思えば。
あの時、「最低な奴だな」と生まれて初めて言われ
初めて投げつけられた言葉に衝撃を受けながらも
もう一方では、きゅんきゅんしている自分が居たの。
本当の自分に戻る決心をした時。


人の中で生きる
独りぼっちの時間が沢山あるほど
沢山のことを考える時間がある
多くのことを考え、頭の中はいっぱいになる
頭は満たされる

沢山の人達と一緒に居ると
独りで、ゆっくりと考える時間がない
たまには、独りぼっちになって
色んなことを、ゆっくりと考えたいと想う

だけれど
人は、孤独に生まれてきても
独りぼっちで生きてなんかいない
人は、人の中で生きている

だから
人の中で、考えれば良いんだ
人の中で生きていく為のことを
独りぼっちで考えても、答は出ない

人の中に居れば
考えなくても、見えてくる答もある
答は、いつだって人の中にある

だから
僕はいつだって人の中で学びたい

沢山の人達と一緒に居ると
心が満たされる

人は、独りぼっちなんかじゃない
人は、人の中で生きている
沢山の人の中で

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。